施術歴15年以上のスタッフが施術に伺います。芸能人やプロスポーツ選手、著名人も担当する実力でプロ技術を提供します。

渋谷区║出張整体・マッサージ・鍼灸
はなわはりきゅう整骨院

現在体調に不安のある方の診療は一時的に休止しています。
詳しくは下記【当院の新型コロナウィルス感染対策】
をご覧ください。

渋谷・港区を中心に出張整体、マッサージ、鍼灸を
行っております。交通費は23区内無料。
院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
090-2463-8727

ご予約にはLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします 
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

【腰痛必見】つらい腰痛は出張整体を利用しよう

ひとくちに腰痛と言ってもその原因はさまざま。腰のヘルニアなど原因を特定できる腰痛と不良姿勢やストレスなど原因が特定できない腰痛の2つに大きくわけることができます。当院では原因を詳しく探っていくことによりどこに行っても治らなかった腰痛を改善します。

腰痛がおこる原因とは

腰痛のうち原因が特定できるものは15%程度と言われています。代表的なものは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など骨が直接障害されるものと、その他、がんや病気が原因となり腰痛が引き起こされることもあります。一方で残りの85%程度はレントゲンやMRIなどの画像検査をしても原因が特定できない場合は生活習慣やストレスなどが影響していると言われています。

 

原因が特定できる腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にクッションの役割をする「椎間板」という組織があります。椎間板は激しいスポーツや重いものを持つなど腰に負担がかかるような重労働作業をしているような人に多くみられます。また加齢による変形でもみられることがあります。椎間板は柔らかいゼリー状の組織でできているため、負担がかかると内部にある「髄核」といわれる組織が飛び出してしまい、神経を圧迫することにより痛みが起こります。痛みはお尻から足にかけてのしびれや痛みがみられ、ときには足に力が入りくくなるようなこともあります。

 

腰部脊柱管狭窄症

背骨や椎間板が加齢により変形したり、骨棘(こつきょく)といって背骨に異常な骨の突起が形成されたりすることにより、背骨の中の神経が通っている脊柱管(せきちゅうかん)と言われる場所が狭くなってしまうことにより神経を圧迫してしまう病気のことをいいます。痛みはヘルニア同様、お尻から足にかけての痛みやしびれがあります。少し歩くと痛みが出てきて前かがみになって休んでいるとまた歩けるようになるため、その特徴的な歩き方を間欠破行(かんけつはこう)と呼びます。日常生活においては前かがみは平気なため「歩くのはつらいけど自転車であればどこまででも乗れる」と言われる方もいます。

 

原因が特定できない腰痛

生活習慣やストレスなどによるもの

不良姿勢でのデスクワーク、長時間の中腰作業などが続くことにより腰や背中の筋肉の緊張が続いたり、運動不足で腰を支える筋肉が弱ってくると起こります。また、季節や天候による寒さやクーラーなどによる冷えにより筋肉が固くなると血流が悪くなったり神経が刺激されたりして痛みが起こりやすくなります。そしてストレスなどの心理的要因があると筋肉の緊張状態が続いたり、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなって神経が過敏になり、さらに腰痛を感じるようになりストレスが増す、といったように腰痛の悪循環が起こります。痛みのことばかり考えていたりすることも、ストレスの原因となします。

腰痛を招く労働環境

労働環境による腰痛の発生率は非常に多く、労働災害では断トツの1位となっており全体の6割以上を占めています。腰に負担がかかる重労働や介護や看護の職場で多いとされている一方で長時間のデスクワークや長距離ドライバーにも多く発生することが知られています。これは腰回りの筋肉の柔軟性が失われてしまい結果として血行不良となってしまうことにも一因があると考えられています。また職場の満足度や人間関係などメンタルヘルスによる腰痛の発症とも関連があるため、ストレスを溜めない環境づくりも大切になってきます。

腰痛を招く労働環境

急に起きた腰痛を総称して“ぎっくり腰”と呼びます。正式には急性腰痛と言います。分類的には原因が特定できない腰痛に含まれますが、繰り返していると椎間板ヘルニアや慢性腰痛へと移行していく場合があるので注意が必要です、詳しくはこちらをご参照ください。

女性特有の腰痛

その他の腰痛として妊娠や生理などの原因で起こる腰痛もあります。生理中は下腹部痛だけではなく腰痛を伴うことがあります。妊娠中は大きくなったおなかを支えるため体の重心が変わり上体をそらせる姿勢になるため腰痛が起こりやすくなります。また、子宮が大きくなり骨盤周辺の筋肉が引っ張られることも腰痛の原因になることがあります。産後半年ぐらいは骨盤が緩むため腰痛が発症しやすくなります。授乳や抱っこによる姿勢異常、夜泣きの対応や育児など肉体的・精神的疲労により腰痛が慢性化することもあります。また更年期になると体内のホルモンバランスが変わることによって腰痛が起こりやすくなることがあります。

自宅でもできる対策方法

腰痛は文字通り“腰の痛み”です。その原因は患者さんによって異なります。腰痛でお悩みの場合はまず整形外科を受診し命にかかわる病気ではないことを確認することが大切です。腰痛に対する効果的なストレッチや運動を総称して“腰痛体操”と呼ぶことがあります。ここでは当院が推奨する腰痛体操の一例をあげてみたいと思います。

1.うつ伏せになり、腰を反らせるように両腕を伸ばして。ゆっくりと上半身を起こします。腰痛症の多くは腰が丸くなり、筋肉が突っ張ってしまうことにより腰回りの筋肉の血行不良が起き痛みが発生します。腰を反らせることにより、突っ張ってしまった筋肉を収縮させることにより血流の改善を促します。

2.あお向けになり、両膝を曲げて両手で抱えるようにします。両膝を胸に引き寄せるようにしながら背中を丸め上半身をゆっくり起こします。こうすることによって腰やお尻の筋肉のストレッチを図ります。

3.あお向けになり、片膝を立てた状態で立てた側の反対に倒すように持っていきます。こうすることによって腰の横側の筋肉のストレッチを図ります。

はなわはりきゅう整骨院の出張治療のご案内

当院では出張治療を行っています。遠方で来院するのは大変、忙しくてなかなか時間がとれないから来てもらいたい、休憩の合間にオフィスで、ホテルで、就寝前に、子どもが寝たあとにゆっくりと治療を受けたいなど、さまざまな理由で出張サービスをご利用頂いています。21時以降は事前にご予約を頂ければ深夜(0時ごろ)まで対応させていただきますので受付時間(21時)までにご連絡ください。

腰痛の原因はさまざま

腰痛の原因が骨や椎間板の異常によるものか筋肉や靭帯の炎症によるものか、慢性か急性か、冷えなどによる血行不良から起こったものかムリに捻ったりして起こったものか、など原因はさまざまです。

骨や椎間板の異常は鍼灸や整体の治療を行い自然治癒力を高めていくことにより、治っていく場合もございますが手術や薬物療法が必要な場合もございます。また一概に言えることではありませんが、鍼灸や整体と手術や薬物療法を併用することによって効果があがる場合もございます。仮に手術が決まった場合においては術前より鍼灸や整体で体調を整えておくことにより術後の経過が良くなることが多いです。

筋肉や靭帯の炎症による痛みの場合と冷えなどが原因で血行不良が起こり筋肉が硬くなってしまうような場合ではアプローチも変わってくるため、先ずはしっかりとお話をお伺いし診察していくことにより原因をしっかりと突き詰めていきます。

 

腰痛の原因によって治療内容も変わる

治療は急性の痛みで炎症が起きている場合は患部刺激しすぎると逆に炎症が増して痛みが強くなってしまうのでそれに注意して軽い刺激から治療を初めていきます。慢性の痛みの場合には、腰や骨盤の歪みを整え、硬くこり固まった筋肉を緩め、冷えているところは温まるように治療をしていきます。施術方法は患者さまとお話をしながら決めていきますのでご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。当院では鍼灸治療を得意としているため急性腰痛(ぎっくり腰)の場合には基本的に鍼灸を勧めさせていただいています。その他、不明な点に関しましてはご相談ください。

出張の流れ

お問合せから到着までの流れをご説明いたします。

お問合せ

夜遅くでもお気軽にご連絡ください

お仕事でお忙しいかたのために夜遅くまで診療しています。受付時間(21時)までにご連絡いただければ0時ごろまで対応致します。施術・移動中は電話に出られないことがございます。ご連絡はLINE@が便利です。

最短30分でお伺いいたします

バイクもしくは電車で移動します

道路の込み具合や場所にもよりますが、ご予約が空いている状況であれば、お電話を頂いてから30~60分程度でお伺いいたします。

準備して頂きたいもの

リラックスした格好でお待ちください

畳一畳分ていどの施術スペースの確保をお願いいたします。肌寒いようであればブランケットのようなものをご用意ください。リビング、ソファー、ベッドなど施術場所はご指定ください。

到着までしばしお待ちください

移動はバイクや公共交通機関を利用しています。バイクでお伺いする際はお住いの建物に駐車スペースがございましたらお借りできるととても助かります。

施術の流れ

施術の流れをご説明いたします。

初見表へのご記入

必要事項にご記入をお願いします。
ご記入いただいた初見表をもとに、詳しくお話をお伺いいたします。いきなりマッサージを始める治療院もございますが、はなわはりきゅう整骨院では問診も治療のうちと考えているためしっかりと時間を割きます。問診をしている時間は治療時間には含みませんのでご希望の治療時間プラス10~20分程度のお時間を確保しておいてください。

検査

西洋医学的検査では姿勢検査、動作検査、各種テスト法をおこないます。東洋医学的検査では脈診、舌診、腹診を行います。それぞれの検査を行うことにより肩こりの原因を特定していきます。

施術

徒手による整体、マッサージ、鍼灸治療を行います。鍼治療に抵抗がある方には徒手による整体、マッサージをお勧めします。無理にこちらから推し進めるようなことはいたしません。かならずご相談とご説明のうえ、お体の状態や患者さまのご希望を踏まえながら施術に当たらせていただきます。

評価とアドバイス

施術後の評価と確認をおこないます。時間がきたら「はい。終わりです。」ではなく、かならず術前術後の評価と確認をおこないます。
そして、肩こりを起こさないための姿勢や運動、ストレッチなどのアドバイスを行います。こちらから一方的にあれをやってください、これをやってください、というものではなく患者さまの生活状況に合わせたアドバイスを行い、それと同時に日々の生活のなかで悪化してしまう要因があるのであればその隠れた要因を一緒になって考えていくことにより、その場限りのいやしではなく根本から改善することを目指します。

料金のご案内

出張治療

各種クレジットカード・電子マネーご利用いただけます

60分   10.000円
90分  15.000円
(30~40分 鍼灸のみ) 7.000円
追加 30分単位 5.000円~
交通費(東京23区内) 無料
交通費(東京23区外)
※¥1000単位で頂戴いたします
¥1.000~

院内治療

初診料  2.200円
60分    8.800円
90分    13.200円
(30~40分 鍼灸のみ)   5.500円
追加 30分単位~  4.400円~

お問合せはこちら
【完全予約制】

090-2463-8727

ご予約はLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
※診療中は電話に出られない場合がございます

※営業等の電話は一切お断りします。

受付時間

受付日
 

12時~

×
21時~ ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休