施術歴15年以上のスタッフが施術に伺います。芸能人やプロスポーツ選手、著名人も担当する実力でプロ技術を提供します。

渋谷区║出張整体・マッサージ・鍼灸
はなわはりきゅう整骨院

現在体調に不安のある方の診療は一時的に休止しています。
詳しくは下記【当院の新型コロナウィルス感染対策】
をご覧ください。

渋谷・港区を中心に出張整体、マッサージ、鍼灸を
行っております。交通費は23区内無料。
院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
090-2463-8727

ご予約にはLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします 
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

【頭痛必見】つらい頭痛には出張整体を利用しよう

慢性頭痛は大きく「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発性頭痛」の3種類に分けることができます。その中でも特に片頭痛や緊張性頭痛は体の疲れやストレスが主な原因となっていることが多いと言われています。はなわはりきゅう整骨院では、それらの原因を詳しく探っていくことによりどこに行っても改善しなかった頭痛を解決します。

頭痛がおこる原因とは

頭痛の原因はおおきくわけて3つ

慢性頭痛にはおおきく「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発性頭痛」の3種類にわけることができます。これらの頭痛は症状そのものがいのちにかかわることはありませんが、症状がつよければつよいほど日常生活において生活の質(QOL)がていかしてしまうことがあります。そのほかの頭痛としてはカゼをひいたときにおきる頭痛やつめたいものを食べたときにおきる頭痛、ふつか酔いの頭痛などもありますが、これらは原因がかいしょうされればしぜんに治ります。その一方で頭や首のケガ、脳血管障害、脳腫瘍などいのちのきけんが及ぶような頭痛もございます。「いままでに経験のないはげしい頭痛」「安静にしていてもおさまらない頭痛」「しだいに痛みが増してくる頭痛」「しびれやマヒなどをともなう頭痛」など『いつもとちがう頭痛』と思った場合には、きけんな頭痛をうたがってすぐに医療機関へ受診してください。

 

1.片頭痛

頭の片側もしくは両側に①脈をうつようなズキズキとしたいたみがおこります。②そして吐き気をともない、ひどい場合には吐いてしまいます。③さらにふだんは気にならない音、光、においなどが敏感になってしまい不快にかんじたり、過剰にはんのうしてしまいいたみが悪化したりします。片頭痛の患者さんのおおくはこの3つの特徴をあわせもっています。ただしズキズキとしない非拍動性の場合もあったり、「片頭痛性めまい」といってめまいをうったえる方や耳なりをともなう方もいて、頭痛発作のパターンはかならずしも一様ではありません。

片頭痛の前兆

代表としてあげられるものは「視覚前兆」です。はじめは目の奥の方でキラキラとした光が見えて、しだいにそれが広がり、最終的には白っぽくなりそのぶぶんがみえなくなったりします。時間にして10分程度から20~30分とつづく場合があり、もっと長い場合もありますのでそのあいだは不用意な外出や車のうんてんなどはひかえたほうが良いでしょう。ただし、これらの発作がおきるのは片頭痛ぜんたいの2割ていどであり、これまでに前兆を経験したことがある人でも毎回かならずおこるわけではありません。

原因としてかんがえられるのは頭蓋内外の血管の拡張です。いたみがでるまえに血管が収縮するため、目がチカチカするような症状がでます。

片頭痛がおきるメカニズム

要因となる説がいくつかあるため、ここでは代表的な2つをご紹介します。

(1)血管の収縮と拡張説
片頭痛発作時に血小板から「セロトニン」という物質がでると脳の血管が収縮し、やがてそれが消失されると、こんどは血管が拡張して頭痛が発症する。

(2)三叉神経説
顔面にはりめぐらされている三叉神経がなにかしらの要因によってしげきをされることにより血管を拡張させる物質がでることにより、血管が拡張して炎症がひきおこされて頭痛が発症する。

月経関連片頭痛

生理前と生理中にはっせいしやすく、そのいたみはエストロゲンの分泌量にえいきょうしていると考えられています。このエストロゲンは排卵前にピークをむかえ、排卵後にきゅうに減り、そのあとまた増え、そして生理前になるとふたたび減ります。このときにエストロゲンが減ることによってセロトニン(血管を収縮させる作用がある脳内物質)も減ってしまうため、脳のなかの血管が拡張することで頭痛がおきます。この頭痛はつうじょうの片頭痛よりも症状が長くつづき、強いいたみとなってあらわれることがおおいため、基礎体温表をつけるなどして、生理周期にどうかんけいしているかをしれば、効果的なたいさくをとることが可能となります。

2.緊張性頭痛

肩や首すじのコリとともに、頭がしめつけられるようないたみ。それほどつよいいたみではないことがおおく、仕事や日常生活ができなくなるようなことはあまりありません。おおくの場合「頭がしめつけられるようないたみ」あるいは「頭がおもい」「圧迫されるようないたみ」といった表現をされるような頭痛をひきおこします。

緊張性頭痛の原因

原因についてははっきりとはわかっていませんが、姿勢異常、過労、寝不足、ストレスなどがひきがねとなり、末梢性のいたみと中枢性のいたみが絡みあっておきているのではないかといわれています。たとえば後頭部などを押すとつよいいたみ(圧痛点)をうったえるひとが多く、そうした部位にある筋肉をおおっている膜(筋膜)がいたみに対してびんかんになっていること(末梢性)により、脳のなかにそんざいしている偏桃体や視床下核などをふくむいたみの伝達経路に悪循環が生じて(中枢性)、まんせい化してしまいいたみが生じているのではないかとかんがえられています。

3.群発性頭痛

群発地震のように、あるきかんに集中して頭痛がおこるところからつけられました。年に1~2回、すう週間からすうか月のあいだ、一日のなかでもきまった時間帯にはげしい頭痛ほっさがまいにちおこります。頭痛がおきているきかんは「群発期」とよばれ、頭痛のじぞく時間は15分~3時間となります。群発期いがいでは頭痛はすっかりおさまってしまいます。女性におおくみられる片頭痛にたいして群発性頭痛は20~40代の男性におおく、女性の3倍にのぼるともいわれています。

群発性頭痛の特徴

はげしいいたみが片側の目のおくにおこります。「目のおくをえぐられるような」「はしらに頭をぶつけたくなるような」と形容され、べつめい「自殺頭痛」とよばれるぐらいはげしいいたみが、片側の目のおくにおこるのが特徴です。そのいたみのはげしさはよのなかにあるいたい病気トップ3に入るといわれます。涙がでて、目が充血し、鼻水、鼻づまり、額のあせなどの自律神経症状があらわれます。

群発性頭痛がおこるしくみ

発症のメカニズムについては、まだあきらかにされていない点がおおいのですが、自律神経症状をつかさどる視床下部のいじょうや、目のおくをはしっているふとい血管(内頚動脈)の拡張と周囲の炎症がかんけいしているとかんがえられています。

頭痛の治療法

病院での治療はおもに薬物療法と酸素吸入法による治療が中心になります。

自宅でもできる対策方法

1日3回、数分間、肩や肩甲骨まわりをほぐすように腕や肩を回すような運動を心掛けましょう。運動不足やストレスにより凝り固まった筋肉をほぐすことにより、片頭痛や緊張性頭痛の緩和にも役立ちます。またこれらの運動を続けることにより起きにくくすることが期待できます。日ごろから腕や肩をまわして固くなりがちな首や肩の筋肉をほぐしましょう。

頭痛に効果的なストレッチ

頭痛は日常生活からくる負担を軽減することが大事です。そのなかで自宅でできる簡単なエクササイズを紹介します。

肩甲骨を動かすエクササイズ

まずは肩甲骨を背骨から離すように外に動かします。そして、今度は逆に近づけるように内側に寄せます。次に肩をすくめるように肩甲骨を上に持ち上げます。最後にゆっくりと肩甲骨を回すように動かします。こうすることで肩甲骨まわりに付着している、僧帽筋、菱形筋、肩甲下筋などの筋肉の緊張が和らぎます。一か所を20~30秒かけて、ゆっくりと2~3回行ってみてください。

運動を行うときは全身運動をしよう

肩まわりのストレッチをしたら、次は、からだを動かして運動不足を解消してあげるとよいでしょう。運動は肩の一部分の筋肉だけを鍛えるというのは逆に故障のもととなります。なぜかというと、猫背によって背骨が丸くなり、あごは前に突き出し、首の後ろは縮まることにより、肩は丸くなります。さらに腰が丸くなり、骨盤は後ろ側に回転してくるため、お尻の筋肉や股関節、下半身の筋肉にも影響がでてきます。また、うなだれるような姿勢でスマホを操作していると首の骨が可屈曲状態となりストレートネックになりやすくなってきます。こうなると背骨の柔軟性は乏しくなり首や腰に負担がかかるようになります。このように一か所の不良姿勢が全身に及ぶことになります。運動やストレッチは全身行うようにしてあげると良いでしょう。ジョギングやマラソンは直接肩まわりを動かしているわけではないのですが、全身の血流がよくなるために結果として肩まわりの筋肉がほぐれるようになります。スポーツジムなどでバーベルやマシンを使って筋力トレーニングを行う場合は全身をバランスよく鍛えてあげると良いでしょう。

はなわはりきゅう整骨院の出張治療のご案内

当院では出張治療を行っています。遠方で来院するのは大変、忙しくてなかなか時間がとれないから来てもらいたい、休憩の合間にオフィスで、ホテルで、就寝前に、子どもが寝たあとにゆっくりと治療を受けたいなど、さまざまな理由で出張サービスをご利用頂いています。21時以降は事前にご予約を頂ければ深夜(0時ごろ)まで対応させていただきますので受付時間(21時)までにご連絡ください。

 

頭痛の原因はさまざま

ひとくちに緊張性頭痛や片頭痛といっても、頭の前側が痛い、横側が痛い、後頭部や首のつけ根あたり痛い、頭の奥の方が痛いなど、人によってさまざです。さらにその原因を探ると、疲労の蓄積や寝不足、暴飲暴食による内臓疲労やストレスといったように原因はさまざまです。

当院では、まずどこに症状がでているのかを探ります。その原因によっては単に肩まわりだけを治療しているだけは治らず、不調が起きている内臓の疲れも治療していく必要があります。このようにひとくちに肩こりといっても、悪い姿勢や運動不足からくる筋疲労からきているものなのか、それともストレスや内臓疲労からきているものかによってもアプローチは変わってくるため、先ずはしっかりとお話をお伺いし診察していくことにより原因をしっかりと突き詰めていきます。

 

頭痛の原因によって治療も変わる

治療は痛みがでている箇所を探り、そこを中心に頭や首肩まわりを治療していきます。ズキズキするような痛みであったり、重い痛みであったり、痛み方や痛みの出ている場所によって治療の仕方が変わります。必要に応じて、お腹や手足も行います。整体は骨を鳴らしたり、痛みが伴うような治療はしません。筋肉の緊張が取り除かれれば自然と骨のゆがみは整えられるので、ゆがみの原因を特定してアプローチをしていきます。マッサージはもみ返しがこないように適度な圧を探りながら行い、鍼灸治療を行う場合は刺激が強くなり過ぎないように特にはじめの内はなるべく軽く優しい刺激になるように行います。

施術方法は患者さまとお話しをしながら決めていきます。決してこちらから無理に押し付けるように決めていくことはございませんのでご安心ください。

 

予防プログラム

頭痛の原因は寝不足であったり、暴飲暴食であったり、ストレスであったり、女性であれば月経の前後だったり、とさまざまです。当院では、あらゆる角度から深堀りしていくことにより原因を突き止めていきます。それから、ひとりひとりに合わせた改善方法をレクチャーさせて頂いています。

出張サービスの流れ

お問合せから到着までの流れをご説明いたします。

お問合せ

夜遅くでもお気軽にご連絡ください

お仕事でお忙しいかたのために夜遅くまで診療しています。受付時間(21時)までにご連絡いただければ0時ごろまで対応致します。施術・移動中は電話に出られないことがございます。ご連絡はLINE@が便利です。

最短30分でお伺いいたします

バイクもしくは電車で移動します

道路の込み具合や場所にもよりますが、ご予約が空いている状況であれば、お電話を頂いてから30~60分程度でお伺いいたします。

準備して頂きたいもの

リラックスした格好でお待ちください

畳一畳分ていどの施術スペースの確保をお願いいたします。肌寒いようであればブランケットのようなものをご用意ください。リビング、ソファー、ベッドなど施術場所はご指定ください。

到着までしばしお待ちください

移動はバイクや公共交通機関を利用しています。バイクでお伺いする際はお住いの建物に駐車スペースがございましたらお借りできるととても助かります。

施術の流れ

施術の流れをご説明いたします。

初見表へのご記入

必要事項にご記入をお願いします。
ご記入いただいた初見表をもとに、詳しくお話をお伺いいたします。いきなりマッサージを始める治療院もございますが、はなわはりきゅう整骨院では問診も治療のうちと考えているためしっかりと時間を割きます。問診をしている時間は治療時間には含みませんのでご希望の治療時間プラス10~20分程度のお時間を確保しておいてください。

検査

西洋医学的検査では姿勢検査、動作検査、各種テスト法をおこないます。東洋医学的検査では脈診、舌診、腹診を行います。それぞれの検査を行うことにより肩こりの原因を特定していきます。

施術

徒手による整体、マッサージ、鍼灸治療を行います。鍼治療に抵抗がある方には徒手による整体、マッサージをお勧めします。無理にこちらから推し進めるようなことはいたしません。かならずご相談とご説明のうえ、お体の状態や患者さまのご希望を踏まえながら施術に当たらせていただきます。

評価とアドバイス

施術後の評価と確認をおこないます。時間がきたら「はい。終わりです。」ではなく、かならず術前術後の評価と確認をおこないます。
そして、肩こりを起こさないための姿勢や運動、ストレッチなどのアドバイスを行います。こちらから一方的にあれをやってください、これをやってください、というものではなく患者さまの生活状況に合わせたアドバイスを行い、それと同時に日々の生活のなかで悪化してしまう要因があるのであればその隠れた要因を一緒になって考えていくことにより、その場限りのいやしではなく根本から改善することを目指します。

料金のご案内

出張治療

各種クレジットカード・電子マネーご利用いただけます

60分   10.000円
90分  15.000円
(30~40分 鍼灸のみ) 7.000円
追加 30分単位 5.000円~
交通費(東京23区内) 無料
交通費(東京23区外)
※¥1000単位で頂戴いたします
¥1.000~

院内治療

初診料  2.200円
60分    8.800円
90分    13.200円
(30~40分 鍼灸のみ)   5.500円
追加 30分単位~  4.400円~

お問合せはこちら
【完全予約制】

090-2463-8727

ご予約はLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
※診療中は電話に出られない場合がございます

※営業等の電話は一切お断りします。

受付時間

受付日
 

12時~

×
21時~ ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休