施術歴15年以上のスタッフが施術に伺います。芸能人やプロスポーツ選手、著名人も担当する実力でプロ技術を提供します。

渋谷区║出張整体・マッサージ・鍼灸
はなわはりきゅう整骨院

現在体調に不安のある方の診療は一時的に休止しています。
詳しくは下記【当院の新型コロナウィルス感染対策】
をご覧ください。

渋谷・港区を中心に出張整体、マッサージ、鍼灸を
行っております。交通費は23区内無料。
院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
090-2463-8727

ご予約にはLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします 
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

【肩こり必見】つらい肩こりは出張整体を利用しよう

肩こりは単純に肩だけが問題ではなく、悪い姿勢からきているものなのかストレスから来ているのものなのか、または内臓の疲れからきているものなのか、その原因はさまざま。はなわはりきゅう整骨院では原因を詳しく探っていくことによりどこに行っても改善しなかった肩こりを解決します。

肩こりがおこる原因とは

肩こりの原因はひとによってさまざま

その中でも特におおいのは「悪い姿勢」「目の使いすぎ」「運動不足」「ストレス」で、これらが4大原因とされています。

 

肩こりは日本人の宿命?

頭のおもさは成人で5キロぐらいあります。それを支えるのは首と肩です。日本人は欧米諸国の人たちと比べると頭の大きさの割には骨格や筋肉が少ないため肩こりを起こしやすいと言われています。このような事情もあり、悪い姿勢が続いたり、頭を支える筋肉が衰えたりすればとうぜん首や肩に負担がかかることになります。また、中年以降では少しずつ骨や筋肉が弱くなってくるので注意しなければいけません。

1.「悪い姿勢」と「目の使いすぎ」による肩こり

4大原因のうち「悪い姿勢」と「目の使いすぎ」はデスクワークによるパソコン作業や読書、細かい手仕事などによって引き起こされます。中でも特におおいのがデスクワークによる「悪い姿勢」です。さらには近年スマホの普及により通話のみならずメッセンジャーツール、SNS、動画サイト、電子書籍、テレビ、映画の視聴などスマホひとつで色々なことが出来るようになり私たちの生活にとってきってもきり離せない存在となりました。その一方でスマホの使いすぎによる肩こりも急増しています。

デスクワークによる悪い姿勢でおおいのが「猫背」

パソコン作業は画面を凝視するために画面に顔を近づけるような姿勢をとってしまいがちです。または椅子に浅く座り、背もたれに目いっぱいもたれるような姿勢での作業をしている方も見かけます。そうなると顎があがってしまい背中が丸くなり猫背になってしまいます。そうなると呼吸が浅くなり、内臓は圧迫され、肩こりや首こりや頭痛が出てきたりなどあらゆる不調に悩ませられるようになります。

人はもともと猫背になりやすい

筋肉は大きく分けると伸ばす筋肉(伸筋)と曲げる筋肉(屈筋)の2種類に大別されます。人間はそもそも、曲げる筋肉(屈筋)が強く働くようにできています。赤ちゃんは背中を丸めて生まれてきますし、年をとると背中はだんだん丸くなっていきます。また、脳卒中の方の後遺症では麻痺側のひじから腕全体がピタッと体につくように強く曲がってしまいます。なぜこのように曲げる力の方が強くできているかというと、からだを曲げることができれば最終的に食べものを口に運ぶことができるからと言われています。食べ物を口に運ぶことができれば生きていけます。何億年も前から人のDNAにはこのようなプログラミングがされていて、それは現代においてもかわらないのです。

猫背は「運動不足」によって引き起こされる

背中をピンと伸ばすには背筋(伸ばす筋肉)が必要となってきます。でも人はラクをしたいもの。ただしい姿勢を意識せずにラクなほうへラクなほうへ行こうとすると、少しずつからだは丸まっていきます。なぜかというと、からだを丸めることによって背骨が丸くなり、背骨を支えているじん帯が突っ張り、表面の皮ふも突っ張るため関節の可動域と相まって、ある程度のところでからだはそれ以上曲がらなくなります。この時に背中の筋肉はほとんど使われていないため、からだにとってはラクな姿勢となります。ただ、ラクな姿勢と良い姿勢というのは違います。ラクな姿勢を続けていると伸筋は衰えてしまい正しい姿勢に戻すことが困難になってしまうため猫背となっていってしまうのです。そして背筋を動かす機会は減ってしまうため肩まわりや背中まわりの筋肉は凝り固まってしまうことになります。

なぜ「スマホによる肩こり」が起こるのか?

さいきん良く見かけるのが電車のなかでうなだれるようにスマホを見ているひと。このように頭が前に垂れるような姿勢は首の上に頭が乗っているときよりも頭の体感重量が5倍ぐらいとなり首にふたんがかかってきます。5キロの頭であれば25キロの体感重量となります。この結果、首や肩回りの神経や筋肉にふたんがかかってしまい、血液の循環が悪くなりコリが生じやすくなってしまいます。また、スマホは光源を見つめているためつねに目に緊張が強いられます。通常まばたきは毎分15~20回程度ですが、スマホやパソコンなどの光源を見つめているときには毎分1~2回と極端に減ってしまいます。そのためドライアイになりやすく目が疲れてしまうため、肩こりの原因となります。

2.「運動不足」と「ストレス」による肩こり

4大原因のうち「運動不足」と「ストレス」は日常の生活習慣や疲労の蓄積によって引き起こされます。パソコン・携帯電話・スマホなどの普及により、それまではからだを使って行っていた仕事が手元の操作ひとつでできるようになり、ひとつひとつの作業が非常に簡単に便利になってきました。ただ、からだにとっては運動不足に陥りやすくなってしまいます。今後、さらなるテクノロジーは進化により、からだを動かす機会はもっと減ることになっていくことと思われます。これからの時代はあえてからだを動かす機会を作らなければ運動不足は加速していき肩こりに悩まされる人は増えていくことになると思われます。

なぜ「運動不足」や「ストレス」で肩こりが起こるのか

運動不足になると、肩まわりの筋肉が動く機会が減ってしまうため血流が悪くなり新鮮な酸素や栄養分が筋肉へ伝わりにくくなってしまい、常に同じ姿勢でいることにより筋肉が過緊張状態となり疲労物質が蓄積されることにより凝り固まってしまいます。
また、からだはストレスを感じると交感神経がはたらきます。そうなると血管が狭まり、筋肉が硬くなり、こりにつながります。さらにストレスは痛みも出現させます。肩がこってしまうと、意識が肩の方へいってしまい、交感神経がはたらき血流が悪くなりコリが生じて発痛物質がでて痛みがでてくる。そうするとさらに意識は肩にいき、痛みが増してしまう。というようにストレスによる肩こりというのはこのように悪循環のループが起きてしまうことになります。

3.内臓の負担による肩こり

その他の原因として、内臓に起因するものがあります。

左肩がこるタイプ

ストレスによる胃の不調が肩こりにつながります。胃は左側にあるために左側がこりやすくなってしまいます。女性におおく、悩み事を抱えこんでしまう方におおくみられます。胃下垂タイプの人もこれにあてはまります。

右肩がこるタイプ

肝臓や胆のうなどの不調が肩こりにつながります。肝臓は右側にあるため右肩がこりやすくなってしまいます。男性におおく、お酒の飲みすぎや脂っこい食事や肉類の過食などで肝臓や胆のうに負担がかかります。

これらの原因がなぜ病院では見つからないのか

肩こりとは症候名のひとつであり正式な病名ではありません。欧米の医学辞書にもこの項目はありません。なぜかというと肩こりというのは自覚症状(自分の感覚)が主で他覚所見(検査)に乏しいので診断を重んじる西洋医学では病気として取り扱われることは少なかったという背景があります。また、今のところこれを飲めば肩こりが完全に治るというような特効薬は存在していません。いっぽうで東洋医学は治療を重んじるため、肩こりに対する研究は古くから盛んに行われています。東洋医学ではレントゲンや血液検査などはできませんが、その代わりに問診をして身体を実際に触り筋肉が硬くなっているところや部分的に冷えているところなどを詳しく探っていきます。そして悪い姿勢になっているところを詳しくチェックしていき、そこを改善するように治療をしていきます。ただ、なかには単なる肩こりと思っていても実は重大な病気が隠れているというような場合もありますので心配な場合には内科や整形外科に通われることをお勧めします。そして病院で検査をして骨や内臓に明らかな異常がなかった。でも、なかなか治らない。などと言うような場合には治療院に通われることをお勧めします。

 

自宅でもできる対策方法

猫背やスマホによる肩こりを治すには

猫背において大事なのは姿勢に気をつけること。猫背は特有の状態としてあごを前に突きだし、背中は丸くなり、肩は丸くなるような姿勢になってしまいます。そのため、まずはあごを引き、胸を少し張るようにして背骨を伸ばします。はじめのうちは少しキツイと感じますが、それは今まで使われていなかった背筋や姿勢を保持するために腹筋が使われるようになった証拠です。少しずつからだは慣れていきます。

スマホによる肩こりにおいて大事なのはスマホを見るときの姿勢をかえることです。具体的にはスマホを持っている側のひじを体に近づけます。そして、反対側の手でそのひじを支えます。こうすることで頭が正常な位置に保たれるため首や肩にかかるふたんが減るため肩こりが起こりにくくなります。またはスマホ持っているひじや脇の下に反対側の手を入れるという姿勢もおすすめです。いずれにしてもうなだれるような姿勢にならないように気をつけてください。

頭のてっぺんにあるツボを意識する

悪い姿勢になるのを防ぐのに意識をすると良いのが頭のてっぺんにある「天柱(てんちゅう)」というツボです。おおよその場所として「頭のつむじ」から前方(顔のほう)に向かって2センチあたりのところに天柱というつぼがあります。まずはこの天柱を意識してください。そしてこの天柱に天井から伸びた糸がついているとイメージして、その糸で天柱が軽く吊り上がっているような意識をもちます。こうすることにより無理にあごを引いたり胸を張ったりすることにならずに自然と姿勢がよくなります。気が付いたら試すようにまずは心がけてください。

肩こりに効果的なストレッチ

肩こりは日常生活からくる負担を軽減することが大事です。そのなかで自宅でできる簡単なエクササイズを紹介します。

肩甲骨を動かすエクササイズ

まずは肩甲骨を背骨から離すように外に動かします。そして、今度は逆に近づけるように内側に寄せます。次に肩をすくめるように肩甲骨を上に持ち上げます。最後にゆっくりと肩甲骨を回すように動かします。こうすることで肩甲骨まわりに付着している、僧帽筋、菱形筋、肩甲下筋などの筋肉の緊張が和らぎます。一か所を20~30秒かけて、ゆっくりと2~3回行ってみてください。

運動を行うときは全身運動をしよう

肩まわりのストレッチをしたら、次は、からだを動かして運動不足を解消してあげるとよいでしょう。運動は肩の一部分の筋肉だけを鍛えるというのは逆に故障のもととなります。なぜかというと、猫背によって背骨が丸くなり、あごは前に突き出し、首の後ろは縮まることにより、肩は丸くなります。さらに腰が丸くなり、骨盤は後ろ側に回転してくるため、お尻の筋肉や股関節、下半身の筋肉にも影響がでてきます。また、うなだれるような姿勢でスマホを操作していると首の骨が可屈曲状態となりストレートネックになりやすくなってきます。こうなると背骨の柔軟性は乏しくなり首や腰に負担がかかるようになります。このように一か所の不良姿勢が全身に及ぶことになります。運動やストレッチは全身行うようにしてあげると良いでしょう。ジョギングやマラソンは直接肩まわりを動かしているわけではないのですが、全身の血流がよくなるために結果として肩まわりの筋肉がほぐれるようになります。スポーツジムなどでバーベルやマシンを使って筋力トレーニングを行う場合は全身をバランスよく鍛えてあげると良いでしょう。

目の疲れをとるには

パソコンやスマホを使用しているときは、ときどき目を閉じるなどして休ませてあげることが大事です。仕事中など目を閉じることができない場合には窓のそとを覗くなど遠くを眺めているだけでも目の緊張を緩和することができます。

わたしたちの生活にとってパソコンやスマホはきっても切り離せない存在となりました。使用を制限するということではなく、まずは使用しているときの姿勢から見直していきましょう。

内臓の負担は生活習慣を見直そう

内臓の負担は食生活を見直していく必要があります。お酒を飲む方はしっかりと休肝日を作りましょう。血圧が高かったり体重が増えてきている場合は、ダイエットも必要になってきます。血圧や体重がすべてではありませんが健康のバロメーターのひとつなので定期的にチェックされることをお勧めします。

はなわはりきゅう整骨院の出張治療のご案内

当院では出張治療を行っています。遠方で来院するのは大変、忙しくてなかなか時間がとれないから来てもらいたい、休憩の合間にオフィスで、ホテルで、就寝前に、子どもが寝たあとにゆっくりと治療を受けたいなど、さまざまな理由で出張サービスをご利用頂いています。21時以降は事前にご予約を頂ければ深夜(0時ごろ)まで対応させていただきますので受付時間(21時)までにご連絡ください。

 

肩こりの原因はさまざま

肩こりといっても、首の根元であったり、肩甲骨の間であったり、全体が重い、内臓の負担やストレスといったように原因はさまざまです。

当院では、まずどこに症状がでているのかを探ります。その原因によっては単に肩まわりだけを治療しているだけは治らず、不調が起きている内臓の疲れも治療していく必要があります。このようにひとくちに肩こりといっても、悪い姿勢や運動不足からくる筋疲労からきているものなのか、それともストレスや内臓疲労からきているものかによってもアプローチは変わってくるため、先ずはしっかりとお話をお伺いし診察していくことにより原因をしっかりと突き詰めていきます。

 

肩こりの原因によって治療内容も変わる

治療は硬くこり固まってしまった筋肉を緩め、首や背中の歪みを整えていきます。治療する場所は肩まわりだけではなく必要に応じてお腹や手足も行います。整体は骨を鳴らしたり、痛みが伴うような治療はしません。筋肉の緊張が取り除かれれば自然と骨のゆがみは整えられるので、ゆがみの原因を特定してアプローチをしていきます。マッサージはもみ返しがこないように適度な圧を探りながら行い、鍼灸治療を行う場合は刺激が強くなり過ぎないように特にはじめの内はなるべく軽く優しい刺激になるように行います。

施術方法は患者さまとお話をしながら決めていきますのでご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

予防プログラム

徒手や鍼灸により血流改善をしていきますが、ゆがみやクセはひとによってさまざまです。いくら治療をしても日々の生活を改善していかない限り肩こりは再びおこります。そのためさまざまな運動方法やからだの使い方などひとりひとりに合わせた改善方法などをレクチャーさせて頂いています。

 

出張の流れ

お問合せから到着までの流れをご説明いたします。

お問合せ

夜遅くでもお気軽にご連絡ください

お仕事でお忙しいかたのために夜遅くまで診療しています。受付時間(21時)までにご連絡いただければ0時ごろまで対応致します。施術・移動中は電話に出られないことがございます。ご連絡はLINE@が便利です。

最短30分でお伺いいたします

バイクもしくは電車で移動します

道路の込み具合や場所にもよりますが、ご予約が空いている状況であれば、お電話を頂いてから30~60分程度でお伺いいたします。

準備して頂きたいもの

リラックスした格好でお待ちください

畳一畳分ていどの施術スペースの確保をお願いいたします。肌寒いようであればブランケットのようなものをご用意ください。リビング、ソファー、ベッドなど施術場所はご指定ください。

到着までしばしお待ちください

移動はバイクや公共交通機関を利用しています。バイクでお伺いする際はお住いの建物に駐車スペースがございましたらお借りできるととても助かります。

施術の流れ

施術の流れをご説明いたします。

初見表へのご記入

必要事項にご記入をお願いします。
ご記入いただいた初見表をもとに、詳しくお話をお伺いいたします。いきなりマッサージを始める治療院もございますが、はなわはりきゅう整骨院では問診も治療のうちと考えているためしっかりと時間を割きます。問診をしている時間は治療時間には含みませんのでご希望の治療時間プラス10~20分程度のお時間を確保しておいてください。

検査

西洋医学的検査では姿勢検査、動作検査、各種テスト法をおこないます。東洋医学的検査では脈診、舌診、腹診を行います。それぞれの検査を行うことにより肩こりの原因を特定していきます。

施術

徒手による整体、マッサージ、鍼灸治療を行います。鍼治療に抵抗がある方には徒手による整体、マッサージをお勧めします。無理にこちらから推し進めるようなことはいたしません。かならずご相談とご説明のうえ、お体の状態や患者さまのご希望を踏まえながら施術に当たらせていただきます。

評価とアドバイス

施術後の評価と確認をおこないます。時間がきたら「はい。終わりです。」ではなく、かならず術前術後の評価と確認をおこないます。
そして、肩こりを起こさないための姿勢や運動、ストレッチなどのアドバイスを行います。こちらから一方的にあれをやってください、これをやってください、というものではなく患者さまの生活状況に合わせたアドバイスを行い、それと同時に日々の生活のなかで悪化してしまう要因があるのであればその隠れた要因を一緒になって考えていくことにより、その場限りのいやしではなく根本から改善することを目指します。

料金のご案内

出張治療

各種クレジットカード・電子マネーご利用いただけます

60分   10.000円
90分  15.000円
(30~40分 鍼灸のみ) 7.000円
追加 30分単位 5.000円~
交通費(東京23区内) 無料
交通費(東京23区外)
※¥1000単位で頂戴いたします
¥1.000~

院内治療

初診料  2.200円
60分    8.800円
90分    13.200円
(30~40分 鍼灸のみ)   5.500円
追加 30分単位~  4.400円~

お問合せはこちら
【完全予約制】

090-2463-8727

ご予約はLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
※診療中は電話に出られない場合がございます

※営業等の電話は一切お断りします。

受付時間

受付日
 

12時~

×
21時~ ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休