施術歴17年以上のスタッフが施術に伺います。芸能人やプロスポーツ選手、著名人も担当する実力でプロ技術を提供します。

渋谷区║出張整体・マッサージ・鍼灸
はなわはりきゅう整骨院

体調に不安のある方の診療は一時的に休止しています。
詳しくは下記【当院の新型コロナウィルス感染対策】
をご覧ください。

渋谷・港区を中心に出張整体、マッサージ、鍼灸を
行っております。交通費は23区内無料。
院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
090-2463-8727

ご予約にはLINEが便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします 
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

アイシング

アイシングってなに?

昔は冷やすことは良くない、プロ野球選手も「投手の肩は絶対に冷やすな!むしろ温めろ!」という考えが浸透していた時代もありました。しかし近年は運動直後や怪我の直後にしっかりと患部を冷やすことで回復を早める事が認められ様々なスポーツの現場でもアイシングが取り入れられています。青山学院大学駅伝チームでも「監督の話よりもアイシングが優先!」と言われているほど運動後いかに早い段階で冷やすことができるかも重要になってきます。スポーツの現場はもちろん日常生活でも炎症を伴う痛みに対しては積極的に冷やすことで痛みを緩和し、回復を早める事が可能です。今すぐにでも自宅で実践できるアイシングの正しいやり方について解説していきます。

RICEってなに?

アイシングの話でまず最初に登場するのがRICE(ライス)という言葉です。RICEとは応急処置の基本である4つの頭文字を取ったものです。

Rest(安静):運動を中止し患部の安定を保つ。

Ice(冷却):冷却により血管を収縮させ炎症や内出血を抑える。

Compression(圧迫):圧迫し内出血・腫れを抑える。

Elevation(挙上):心臓より高くする事で腫れや内出血を抑える

つまりRICEは受傷患部の血行を意図的に悪くして腫れや炎症を抑えるという事です。最近ではProtect(保護)とStabilization/Support(安定/固定)の頭文字も足してPRICES(プライシス)と呼ばれることもあります。

具体的にどんな時に行うの?

RICEもしくはPRICES処置は、捻挫や打撲、肉離れなど急性の怪我の応急処置として「受傷直後から積極的に」行いましょう。処置が早ければ早いほど内出血や腫れ、痛みを抑え怪我からの回復も早まります。傷を必要以上に広げずになるべく小さい傷の状態をキープするイメージです。本来腫れを伴う炎症や熱感などは、故障部位を良好な状態に回復するための正常な反応でもありますが、過度な場合は逆にマイナスになると考えられています。直近では神戸大学と千葉工業大学の研究グループがマウス実験でアイシングが筋組織の回復を逆に遅らせる可能性があると発表しましたが、まだまだマウス実験の段階です。今後の研究の進展には興味がありますが人体の組織の回復という点でプロスポーツの現場でもアイシングは必須項目になっています。

実際にアイシングをしてみましょう!

一番効果的に冷やすには「氷」を使います。できれば少量の水(氷の表面が解ける程度)も一緒にビニール袋や氷嚢(ひょうのう)に入れて患部に密着しやすいよう空気を抜きアイスバッグを作ります。アイスバッグを患部に当てアイスラップかタオル・バンデージなどで巻いて固定します。基本的に0℃以下にはならず凍傷を起こすリスクを下げるという意味では氷を使用するのが安心です。切り傷や出血などがあれば流水で流したり止血の処置をしてからアイシングしましょう。なるべく心臓より高い位置に固定して約15~20分のアイシングを1~2時間の間隔をあけて、24~72時間継続することが望ましいと言われています。冷やし始めの10秒から20秒は強烈な冷感と痛みを伴います。その段階で我慢できずにアイスバッグを外してしまうとしっかりと冷やす事ができないので頑張って乗り越えましょう。受傷当日は(場合によっては翌日も)血行が良くなってしまう長風呂や飲酒は控えめにした方がより効果的です。

保冷剤って使っていいの?

スーパーでもらってきた保冷剤を使って手軽に冷やす方もいますが0℃を下回るので凍傷のリスクが上がります。必ずタオルやキッチンペーパーなどを間に挟んで直接肌に当てないよう気を付けましょう。直接つけたまま寝てしまって翌朝患部が黒く変色していたという事はたまに聞きます。就寝時のアイシングも避けて下さい。万が一凍傷を起こしたらすぐに皮膚科を受診しましょう。

万が一凍傷を起こしたら…!

患部が心臓から遠い場合は凍傷のリスクが高まります。アイシングが終了して患部がほんのり赤くなっているのは正常ですが、茶色ががって黒ずんでいたり、皮膚表面がガサガサに変形し固くなったり水泡(水ぶくれ)が出来ていたら凍傷の可能性があります。夜間や休日祝日ですぐに皮膚科に行けない場合は患部を40℃程度のお湯に浸けます。皮膚が柔らかくなって赤みが戻り、感覚が戻るまでじっくり一定時間継続して行うことが重要です。その後、よく水分をふいてから保温性の高いもので患部をくるみます。温める過程で激しい痛みやうずきが起こりますが、皮膚組織が損傷している状態にあるので、決して患部をマッサージしたり、さすったり叩いたりしてはいけません。水ぶくれを破ることもやめましょう。熱い湯やストーブなどで急激に患部を温めないように注意して下さい。そしてなるべく早く皮膚科を受診して下さい。

当院では、体調が優れなかったり、お時間を節約したいとお考えの方には出張治療も行っております。出張マッサージ・整体・鍼灸をご希望のかたはお気軽にご相談ください。渋谷、港区を中心に都内全域出張します。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

お問合せはこちら
【完全予約制】

090-2463-8727

ご予約はLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
※診療中は電話に出られない場合がございます

※営業等の電話は一切お断りします。

受付時間

受付日
 

12時~

×
21時~ ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休