施術歴17年以上のスタッフが施術に伺います。芸能人やプロスポーツ選手、著名人も担当する実力でプロ技術を提供します。

渋谷区║出張整体・マッサージ・鍼灸
はなわはりきゅう整骨院

体調に不安のある方の診療は一時的に休止しています。
詳しくは下記【当院の新型コロナウィルス感染対策】
をご覧ください。

渋谷・港区を中心に出張整体、マッサージ、鍼灸を
行っております。交通費は23区内無料。
院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
090-2463-8727

ご予約にはLINEが便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします 
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

アキレス腱炎

アキレス腱とは…?

アキレス腱は人体最大の腱であり、その名前の由来はギリシャ神話の英雄「Achilleus(アキレウス)」のラテン語名です。敵に唯一の弱点(アキレス腱)を矢で射抜かれて死んでしまったという神話から「致命的な弱点」の事を「アキレス腱」と表現することもあります。

解剖学的には、ふくらはぎにある下腿三頭筋(かたいさんとうきん)を構成する腓腹筋内側頭(ひふくきんないそくとう)、腓腹筋外側頭(ひふくきんがいそくとう)、ひらめ筋の3つの筋肉が踵の骨にくっつく手前の部分を指します。

アキレス腱が痛い!

重さ1トンまでの負荷にも耐えうるほどの強靭な腱と言われているアキレス腱の疾患は大きく分けて3種類存在します。アキレス腱自体が痛い「アキレス腱炎」、アキレス腱の付着部やパラテノンと呼ばれるアキレス腱を包んでいる組織が炎症を起こす「アキレス腱周囲炎」、アキレス腱と踵の骨の間にある滑液包が炎症を起こす「アキレス腱滑液包炎」の3つです。

それぞれ対象方法が異なるのでまずはしっかりとした鑑別診断が必要になります。

アキレス腱周囲炎

アキレス腱の表層は血流豊富なパラテノンと呼ばれる膜に包まれています。アキレス腱とパラテノンの間には液体で満たされていて、摩擦を軽減しています。またアキレス腱の奥にはKager’s fat padと呼ばれる脂肪組織がありアキレス腱へ血流を供給しています。 アキレス腱周囲炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることにより、パラテノンや脂肪組織に炎症が生じ、肥厚したり癒着することで痛みを引き起こします。特徴的な症状としては、運動時、アキレス腱に痛みが生じたり、圧痛があります。状態が悪化すると運動後にも痛みが持続します。 

アキレス腱滑液包炎

アキレス腱の滑液包炎は、液体で満たされた袋(滑液包)の炎症で、かかとの後方の皮膚とアキレス腱の間の滑液包(アキレス腱後方の滑液包炎)か、アキレス腱がかかとの骨に正面側で付着する部分の滑液包(アキレス腱前方の滑液包炎または果後部の滑液包炎)に起こるものです。

アキレス腱後方の滑液包炎は、主に若い女性にみられますが、男性でも発症します。靴のかかとの後ろを支える硬い部分に、かかとの後ろの軟部組織が繰り返し圧迫される歩き方をすると、滑液包炎を起こしたり、悪化させたりすることがあります。かかとの後方に向かうにつれて、鋭く内側へと細くなっていく靴(かかとの高い靴やパンプスなど)が、かかとの後ろの骨の腫大(パンプス瘤またはハグルンド変形と呼ばれる)を引き起こしたり、悪化させたりすることがあり、これがアキレス腱後方の滑液包炎の一因になります。

アキレス腱前方の滑液包炎(アルベルト病または果後部の滑液包炎とも呼ばれる)は、アキレス腱の緊張を増す、あらゆる状態によって引き起こされる可能性があります。かかとの損傷(例えば硬い靴や足に合わない靴が原因で起こるもの)や病気(関節リウマチや痛風など)も原因となることがあります。

放置すると断裂するの?

プロ・アマのアスリート問わず前触れもなく突然切れるのがアキレス腱です。疲労の蓄積や痛みが原因で断裂に至るケースももちろん存在しますが、経験上ふくらはぎにも全く問題の無かった方が不意な動作で突然断裂するケースがほとんどです。予防という意味での対策は難しいですが一度断裂した方は再断裂や逆のアキレス腱が切れるリスクが高いのでふくらはぎを中心とした脚周りのケアや、キネシオテープでのサポートをしておくと安心して運動して頂けると思います。

治療期間はどのくらいかかるの?

初期の状態から治療を開始すれば2週間もあれば完治が見込めます。アキレス腱周囲炎や滑液包炎まで進行してるケースや炎症が慢性化してる場合は運動を中止して治療に専念して頂きます。2~3ヶ月を要する場合もあります。その間自宅でのアイシングや長時間歩行や負荷のかかる日はテーピングをするなどセルフケアも大事になってきます。

アキレス腱炎が長引く…。

日常生活で体重がかかる場面は避けられないという点から痛みが長引く事もあります。踵の下にクッションを入れてアキレス腱への持続的な負荷を取り除いたり、パッドを腱自体に当てて固定する特殊なテーピングをする場合や寒冷療法器具(クリッカー)を使いアイスマッサージをする事もあります。特殊な治療に加え、ふくらはぎのテーピングやご自宅でのアイシング(アイシングの詳しい方法はコチラ)を組み合わせることにより飛躍的に治癒が早まります。日ごろからふくらはぎや足の裏の筋肉を柔らかく保つことも大切です。予防の意味でも定期的なマッサージや鍼が効果的です。

当院では、体調が優れなかったり、お時間を節約したいとお考えの方には出張治療も行っております。出張マッサージ・整体・鍼灸をご希望のかたはお気軽にご相談ください。渋谷、港区を中心に都内全域出張します。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

お問合せはこちら
【完全予約制】

090-2463-8727

ご予約はLINE@が便利です

※診療中は電話に出られない場合がございます
※営業等の電話は一切お断りします
(業務エリア:渋谷区を中心に都内全域)
(業務内容:出張整体・マッサージ・鍼灸)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
※診療中は電話に出られない場合がございます

※営業等の電話は一切お断りします。

受付時間

受付日
 

12時~

×
21時~ ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21時以降0時頃まで
(21時以降をご希望の方は
受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休