渋谷・港区で出張整体、マッサージ、鍼灸ならはなわはりきゅう整骨院。15年以上のキャリアを持つベテラン院長が伺います。

渋谷区║出張整体・マッサージ・鍼灸
はなわはりきゅう整骨院

渋谷・港区を中心に出張整体、マッサージ、鍼灸、を行っております。
交通費は23区内無料。院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21:00~要相談
(時間外診療はお気軽にご相談ください。
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
ご予約はTEL・LINE・
お問合せフォームより
ご連絡ください
03-3478-5560
090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら

※外出が多いためお急ぎの方は携帯電話に
おかけください。
※営業・セールス・勧誘などに関するお電
話は一切お断りさせて頂きます。 
(業務エリア:渋谷区、港区、都内全域)
(業務内容:出張マッサージ・指圧・整体・鍼灸)

ぎっくり腰

ぎっくり腰ってそもそもなに?

重いのもを持ったり、急に体をひねったりした時に起きるぎっくり腰。正式名称は急性腰痛といいます。原因はさまざまで、上記以外にも前に屈んだ拍子や、カーテンを開けようとしたとき、くしゃみをしたときなど、日常の何気ない動作で起こることが多いです。その痛みの激しさから欧米では「魔女の一撃」などと呼ばれています。

ぎっくり腰ってどれぐらいで治るの?

痛くて日常生活がままならない期間はだいたい2~3日です。そして多くは1~2週間程度で自然に回復していきますが、人によってはもっとかかる場合もあります。また、時間の経過によって改善が見られない、下半身に痛みやしびれがある、などの症状が出現した場合は椎間板ヘルニアなどが隠れている場合があるので注意が必要です。1~2週間たっても全く症状がよくならない場合はヘルニアなどその他の病気が疑われるので病院への受診をお勧めします。

ぎっくり腰の原因ってなに?

最も多いのが「重いものを持ち上げたとき」なのですが、それ以外にも患者さんから良く聞かれるのが「下に落ちたものを拾おうとしたとき」「ななめ前のものを取ろうとしたとき」「椅子から立ち上がろうとしたとき」「朝起きたら痛かった」など、状況はさまざまです。
そんなぎっくり腰なんですが、医学的にはぎっくり腰になった時にからだの中でどのようなことが起こっているのかは、未だわかっていないそうです。

ぎっくり腰はなぜ何でもない日常動作で起きるのか?

原因はさまざまですが、骨のゆがみ・姿勢不良・筋力の低下・過度なスポーツによる筋肉負荷など腰に異常なストレスがかかっていることが多いです。さらに患者さんから詳しくお話をお伺いしているとほとんどの患者さんに共通しているのが、ストレス、寝不足、肉体疲労や精神疲労(パソコン作業など)による疲労の蓄積です。疲れが溜まることにより腰回りの筋肉が硬くなり普段は何でもないちょっとした動作で“腰をギクッ”とやってしまう。直接の原因としては「重いものを持ち上げた」「下に落ちたものを拾おうとして前に屈んだ」ではありますが、その背景にはこのようなことが隠れていることが非常に多いです。つまり痛みが出るにはそれなりの理由があるということになります。

ぎっくり腰を予防するにはどうすればいいの?

ぎっくり腰の原因はさまざまな状況で発症し、また発症に至るまでの要因は個々により違うため有効な予防法は一概には言えませんが、普段の姿勢に気を付けたり、十分な筋力や柔軟性を保つために適度な運動を心がけてください。あとはストレスや寝不足などを溜めないことが大事です。

ぎっくり腰になってしまったらどうすればいいの?

動ける状態であればお近くの医療機関に受診されることをお勧めします。当院では鍼灸治療により対応させて頂いております。治療を受けてその場で改善するケースもございますがそのような方はごく一部で、だいたいの場合は少しずつ緩解していきます。鍼灸治療には炎症を緩和させる効果があるので炎症が鎮まることにより翌朝楽になるケースもあれば少しずつ楽になっていくケースや長引くケースもあり治り方は人によってかなりちがいます。

なんで人によって治り方がちがうの?

コルセットの着用も痛みを抑える効果があります。腰にかかる負担が減るので結果的に回復が早まります。コルセットの長期的な着用は筋力低下を招いてしまいますので痛みと相談しながら徐々に外していくと良いでしょう。

もし動けないほどの激痛であれば無理に体は動かさず、安静にしていてください。そして数日たって痛みが落ち着いてきたらお近くの医療機関へ受診されてください。

ぎっくり腰になった場合は冷やした方がいいの?それとも温めた方がいいの?

良く患者さんから「冷やすのと温めるのはどっちが良いの?」と聞かれることがあります。これは炎症が広がるので絶対に冷やさなければダメだという話もあるのですが、それは熱を持って腫れてしまっているような場合です。前述したようにぎっくり腰にはさまざまなケースがあり、腰を温めることにより痛みの滞っている腰周りの血液の流れが良くなり痛みが早く治まる場合があるため一概には言えません。その話をすると「温めて良いのか、冷やした方が良いのか素人では判断がつかない」と言われることもありますが、この場合はご自身で冷やしたり温めたりしてより楽になる方を選んで頂ければ間違いありません。

ぎっくり腰になった場合はお風呂に入ってもいいの?

お風呂に関しても前述したように温めることによって痛みがラクになる場合もございます。循環の改善や浮力によって腰への負担が減ること、リラックス効果で自律神経が整うことなどがその理由として考えられます。ただ稀にお風呂に入ることで痛みが強くなったり、お風呂の中で立ち上がれなくなってしまうような方もいらっしゃいます。動けない程の激痛であったり、患部を触ってみて明らかに熱を持っているような場合は入浴を控えた方が良いでしょう。
ただし、長時間の過度な入浴は症状が悪化する場合がございますのでお控えください。また、飲酒は症状を悪化させるばかりか回復がおそくなることもあるので控えてください。

ぎっくり腰になりかけのような違和感があるんだけど、どうすればいいの?

ぎっくり腰になったことがある方の中にはぎっくり腰の「前ぶれ」のようなものを感じ取る方がいらっしゃいます。このような前兆を感じ取るときはすでにぎっくり腰の初期症状になっている場合がございますので早めの施術をお勧めします。またこのような違和感を感じるときには日頃の生活習慣を見直してみてください。だいたい体は疲れが溜まり始めています。先ずはしっかりと睡眠を取る、適度な運動やストレッチを心がける、暴飲暴食に気を付ける、などとにかく体に負担をかけないことが大事です。ぎっくり腰はこうした日常生活の積み重ねで発症することが多いため、生活習慣を見直すことでぎっくり腰の予防につながります。

当院では、体調が優れなかったり、お時間を節約したいとお考えの方には出張治療も行っております。出張マッサージ・整体・鍼灸をご希望のかたはお気軽にご相談ください。渋谷、港区を中心に都内全域出張します。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

お問合せはこちら
【完全予約制】

03-3478-5560
090-2463-8727

LINEでのお問い合わせはこちら

※外出が多いためお急ぎの方は携帯電話におかけください。
※営業・セールス・勧誘などに関するお電話は一切お断りさせて頂きます。
(出張エリア:渋谷区、都内全域)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21:00~要相談
(時間外診療はお気軽にご相談ください。
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
ご予約はTEL・LINE・お問合せフォームよりご連絡ください

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

03-3478-5560
090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
外出が多いためお急ぎの方は携帯電話にご連絡ください。

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21:00~要相談
(時間外診療はお気軽にご相談くだ
さい。受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休