【出張】渋谷、港区で出張マッサージ、鍼灸、整体をお探しならはなわはりきゅう整骨院へ。15年以上のキャリアを持つベテラン院長が施術に参ります。

渋谷、港区║出張マッサージ・鍼灸・整体
はなわはりきゅう整骨院

渋谷、港区エリアを中心に出張マッサージ指圧、鍼灸、整体を行っております。
交通費は23区内無料。院内での施術も行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

受付時間
12:00~21:00(受付)
21:00~要相談
(時間外診療はお気軽にご相談ください。
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
ご予約はTEL・LINE・
お問合せフォームより
ご連絡ください
03-3478-5560
090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら

※外出が多いためお急ぎの方は携帯電話に
おかけください。
※営業・セールス・勧誘などに関するお電
話は一切お断りさせて頂きます。 
(業務エリア:渋谷区、港区、都内全域)
(業務内容:出張マッサージ・指圧・整体・鍼灸)

寝違え

寝違えってそもそもなに?

ねむっていて目が覚めたときに、首から肩にかけて痛みがあり首がまわらなくなってしまう「寝違え」。首の筋肉の血流が悪くなったり(阻血)、筋肉がけいれんしてしまったり(こむら返り)、頚椎の後にある椎間関節を包んでいる袋に炎症がおきる(関節包の炎症)などが痛みの原因と考えられています。これらはすいみん中の不自然な姿勢が続いたことなどにより起きるものですが、なぜ寝違えという状態が起きてしまうのか、ということについては検査や画像でとらえられるような変化がないためはっきりとした原因はわかっていません。

 

寝違えってどれぐらいで治るの?

軽いのもであれば2~3日程度で治りますが、多くは1~2週間程度かかります。だいたい自然に回復していくものですが人によってはもう少しかかる場合もあります。自然に回復していく場合は少しずつ症状が落ち着いてくるものですが、一向に痛みが治まらない、痛みが再発する、手や足がしびれるなどの症状が現れる場合はヘルニアやその他の病気が疑われるため病院への受診をお勧めします。

 

寝違えの原因ってなに?

原因はさまざなで一概には言えないのですが、同じ姿勢が続くことによるデスクワークやスマートフォンの使い過ぎによる首への過度のストレス、慢性的な運動不足、飲酒後のすいみんなど、疲れ果ててのすいみんというのは寝返りが少なくなってしまいます。すいみん中に同じ姿勢が続いてしまうため首の筋肉への血液の流れが悪くなったり、首の後ろにある椎間関節に負担がかかってしまいそれを包んでいる袋(関節包)に炎症が起きてしまいます。ちなみに通常私たちの寝返りの回数はひと晩で20~30回程度と言われていて、からだが疲れていたりするとその回数が減ってしまうことが知られています。

➡からだが疲れているとなぜ寝返りの回数が減ってしまうの?

 

寝違えになってしまったらどうすればいいの?

寝違えが起こってしまったときにはムリして痛い方向に動かすことだけは避けましょう。緩やかにストレッチをかけると有効な場合もありますが、痛みをがまんしてストレッチをすると悪化する場合があるので注意してください。あと注意したいのは多くの人がやってしまいがちな「痛みの確認」動作です。前にたおすのが痛い、後ろにたおすのが痛い、といった動作をついつい何度も確認してしまう、これは炎症をひどくさせてしまいますので極力「痛い」と感じる動作は避けてください。

 

寝違えになりました。布団から起き上がるときに首が痛くて起き上がれないのですがどうすれば良いですか?

寝違えになってしまった場合、起き上がろうとするときに痛みで起き上がることができない場合がございます。これはからだを起こすときに頭を支えるため炎症の起きている首の後ろやよこ側の筋肉をつかってしまうからです。このような場合はよこ向きもしくはうつぶせの状態までからだを持っていき、そこから起き上がると首にかかる負担が軽減されるので一番痛みのでない状態をさぐりながらゆっくりとからだを起こしてください。痛みをこらえて無理に起き上がるようなことは極力避けてください。

寝違えは温めた方がいいの?それとも冷やした方がいいの?

痛みの出ている部分をさわってみて明らかにジンジンと熱を持っている場合には冷やしてあげると良いでしょう。ただ、なかには冷えて血流の流れが悪くなり痛みが発症するケースもございます。この場合にはあまり熱を感じないこともあり、このような時には温めることにより血液の循環が良くなり痛みが和らぐ場合もございます。どちらか判断がつかない時にはとりあえず両方試してみて気持ちが良かったり、楽になる方を選んでもらえれば間違いありません。

寝違えはお風呂に入ってもいいの?

お風呂に関しても前述のとおり、入ることによって血液の循環がよくなり痛みが和らぐ場合がございます。ただし明らかにジンジンと熱を持っているような場合には痛みが強くなってしまう場合もございますのでそのような時はお風呂で温めるのは控えてください。また、過度な入浴や飲酒は症状を悪化させる場合がありますで控えましょう。

寝違えを予防するにはどうすればいいの?

1.適度に寝返りが打てるような寝具をととのえる
寝具がふかふか過ぎてからだが沈み込んでしまうような場合は寝返りの回数が少なくなってしまいます。逆に固すぎる寝具は痛みのために必要以上に寝返りが多くなってしまいすいみんが妨げられてしまいますので適度な柔らかさのおからだに合った寝具をお選びください。また、隣に寝るパートナーやご家族(ペットも含む)でも寝返りが制限されてしまいますので寝返りができる程度のスペースを確保することが大事です。

2.首に負担がかからないまくらを使う
まくらは高すぎても低すぎても首や肩まわりに負担がかかってしまいますので頭が自然な位置にくるようなまくらをお選びください。またストレートネックの方には首まくらといってタオルを丸めて首の下におく方法やそれに対応した商品も多数ございます。ご自身に合ったまくらをお使いください。

3.首に負担をかけないようにする
パソコンやスマートフォンなどにより長時間おなじ姿勢がつづくことで筋肉が緊張しやすくなり首の痛みやいわ感の原因となることがあります。とくにスマートフォンはうつむいた姿勢になることがおおく首に負担をかけやすくなってしまいますので姿勢に気を付けることを心がけてください。

4.飲酒後のすいみん
とくに疲れた状態での過度な飲酒後のすいみんはいつもにくらべると感覚がにぶくなるため寝返りの回数が激減していまいます。疲れていると感じるときは過度な飲酒は避けてはやめの休息を心がけてください。

そして何より大事なのは「からだにつかれを溜めないこと」です。通常、上記にあげたような原因だけではなかなか寝違えはおこりません。いつも以上に「身体が疲れている」状態に加えて上記のような原因があるときに寝違えは発症しやすくなります。ほんとうに大事なことは変な寝方をしただけで寝違えてしまう「からだの疲れ」が原因であるということです。

当院では、体調が優れなかったり、お時間を節約したいとお考えの方には出張治療も行っております。出張マッサージ・整体・鍼灸をご希望のかたはお気軽にご相談ください。渋谷、港区を中心に都内全域出張します。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

お問合せはこちら
【完全予約制】

03-3478-5560
090-2463-8727

LINEでのお問い合わせはこちら

※外出が多いためお急ぎの方は携帯電話におかけください。
※営業・セールス・勧誘などに関するお電話は一切お断りさせて頂きます。
(出張エリア:渋谷区,港区,都内全域)

受付時間
12:00~21:00(受付)
21:00~要相談
(時間外診療はお気軽にご相談ください。
受付時間内にご連絡ください)
定休日
日曜・不定休
完全予約制
ご予約はTEL・LINE・お問合せフォームよりご連絡ください

お問合せはこちら

   【完全予約制】  

03-3478-5560
090-2463-8727

LINEでのお問合せはこちら
外出が多いためお急ぎの方は携帯電話にご連絡ください。

受付時間

受付日
 
午前 ×
午後 ×
受付時間

【完全予約制】
12:00~21:00(受付)
21:00~要相談
(時間外診療はお気軽にご相談くだ
さい。
受付時間内にご連絡ください)
メール・LINEでのお問合せは
24時間受け付けております。

定休日

日曜・不定休